電話占いで相談をするときの伝え方とは

上手く伝えられない

上手く伝えられない

電話占いを利用したことがあっても、電話越しだと上手く伝えられない人も少なくありません。
なぜ上手く相談できないのでしょうか。
それは、緊張や話すことに苦手意識がある、料金を気にしすぎてしまっている、という3つの原因があります。
誰でも初めて会話する相手とは緊張するものです。
言いたいことがあったのに、緊張して何を話しているのか途中でわからなくなることもあるでしょう。
さらに、最近ではLINEやメールでやりとりすることが多いため、口で何かを伝えるというよりも文字で伝える方が慣れてしまっているのかもしれません。
そもそも人と会話するのが苦手だという人もいるはずです。
また、電話占いはサイトによって料金設定が異なりますが、多くの場合は料金が時間で変動するため、できるだけお金をかけないように早口になってしまうことや、内容をまとめすぎて上手く相談できないことがあります。
電話占いを利用するときには、伝え方のポイントを知って的確に相談できるようにしておきましょう。

準備と鑑定中

準備と鑑定中

伝え方のポイントは主に2つです。
それは、準備と鑑定中です。
まず電話占いを利用する前に、ある程度悩みをメモ書きしておきましょう。
自分の大まかなプロフィールはもちろん、何に悩んでいるのか、悩んだきっかけ、何を望んでいるのかなどを箇条書きにしておくと、どこまで話したのかを把握できます。
途中で脱線してしまった時も、すぐに戻せるように長文ではなく短文でメモすることが大切です。
一目でわかるようにまとめてみてください。
鑑定中のポイントは、ゆっくり、はっきりを意識しましょう。
緊張していると、ついつい早口に喋ってしまいますが、落ち着いてください。
早口だと占師も聞き取ることが難しくなります。
ゆっくり喋ることを意識すると、アドバイスも落ち着いて聞けるはずです。
また、悩むの内容は具体的にはっきりと話すことが大切です。
曖昧な説明や省略しすぎると、相談したかった内容と占師の認識にズレが生じます。
このような伝え方のポイントを意識してみてはいかがでしょうか。

ページの先頭へ