電話占いと対面占いの違いとは

場所の違い

日頃、抱えている悩みは占いで解決できることがあります。
小さな悩みから大きなものまで、悩みは尽きないものですが、中には自分で解決することができない悩みも多いです。
そのような場合に、一人で抱え込むより占いで悩みを打ち明けることで心が軽くなります。
占いには様々なタイプがあり、一般的なのは対面占いと電話占いです。
悩みを打ち明ける際、どちらが良いのか迷う人がいます。
対面占いと電話占いの違いを知り、自分にあった方法を選択することが成功させるポイントです。
大きな違いは、場所です。
対面占いの場合は、その場所に行く必要があり、電話占いは家や自分の部屋など、好きな場所で空いた時間に悩みを相談できます。
また、電話占いは顔を見られることなく話ができるため、気軽に悩みを打ち明けることができるでしょう。
中には、占い師の雰囲気や表情を直に感じたいという人もいますが、顔を見られずに悩みを打ち明けたい人は電話占いがおすすめです。

料金の違い

料金システムにも違いがあります。
サービスによってシステムがそれぞれ異なりますが、一般的には1分単価課金制と定額制のどちらかであるケースが多いです。
対面は、何分いくらといったように、あらかじめ時間と料金が決まっているケースが多く、タイマーで時間を計って時間内に相談をして、アドバイスをもらいます。
タイマーが鳴る前に早く終わるときも料金は一緒です。
中には、悩みの内容や件数に合わせて、それぞれの価格帯を決めている場合もあります。
電話占いはタイマーで時間が計られていないため、好きなだけ相談することができますがついつい長くなり、高額な料金になっていたということも多いです。
そのため、自分で時間をしっかり管理しなければなりません。
一方、対面の注意点は、人気の占い師の場合には、予約をしてから長期間待つことがあり、短時間で高額な料金になる可能性があるという点です。
また、予約をしてから占ってもらうまでの期間に相談内容や状況も変化します。
すぐに相談したい場合は、電話を活用したほうがスピーディーに悩みを解決できるはずです。

ページの先頭へ