電話占いで失敗しないためのコツとは

電話占いを失敗しないためには

電話占いをしてみようか考えている人もいるのではないでしょうか。
初めて電話占いをする時、悩みが解決できるのか心配に思うものです。
また、せっかく電話占いを利用するのであれば失敗したくないと思う人が多いです。
電話占いで失敗しないコツがあります。
それは、占い師への質問の仕方です。
占い師といえば、話していないことも言い当て、気になる人の気持ちを当ててくれるイメージがあります。
実際に、占い師の助言によって未来が明るくなったと感じる人も少なくありません。
しかし、占い師はなんでも言い当てられる能力があり、助言が必ず当たるから間違いないと過信しすぎてはいけません。
過信は電話占いで失敗する原因の一つになります。
占い師の助言の通りに行動していると自分で考えることができなくなり、占い師に言われていない行動ができなくなるでしょう。
臨機応変に対応できないと逆に望む未来が叶わなくなる可能性があります。
電話占いの質問のコツを知り、占い師の助言を活かすことが大切です。

明確な質問と情報量がコツ

電話占いの質問のコツは、何を占って欲しいのかはっきりさせておくことです。
占って欲しいことが明確であれば、占い師への質問もあらかじめ考えておくことができます。
あやふやで抽象的な質問をすると占い師も何に悩んでいて、どんな未来を望んでいるのかがわからず違う助言をしてしまうことがあるのです。
具体的な助言を望むのであれば、その分、知りたいことを明確にして具体的な質問をしてください。
また、情報をしっかりと伝えることもコツです。
占い師へ伝える情報が多いほど、状況が把握しやすくなり的確な助言をすることができます。
逆に伝える情報量が少ないと、占い師からたくさん質問されて、結果的にあまり助言が得られないということにも繋がってしまうでしょう。
電話占いは、悩んでいることや目的を言い当ててもらえるのかを探ることではなく、悩みの解決方法を考えるきっかけを作るものです。
的確な助言を得たいのであれば、情報をしっかりと伝えてください。
得た助言から新しい考え方ができるようになり、正しい判断や決断ができるようになります。

ページの先頭へ